MENU

医療法人豊隆会ちくさ病院在宅医療

知っておきたい!?~糖尿病をカミングアウト?~

コラム2022/04/18

知っておきたい!?~糖尿病をカミングアウト?~

日々生活をしていると、「今更聞きにくいな」とか「調べるの面倒だな」とか思うことありませんか?このコーナーでは簡単に、なんとなく知っておけば役立つであろうお話をQ&Aで紹介させていただきます。

自身が糖尿病であることは、オープンにしたほうがよいのでしょうか? 個人的にはオープンにしたくないのですが…。

仕事や私生活に特に支障がなければ、自分が糖尿病であることをオープンする必要はありません。ただし、注意する点がいくつかあります。

あなたが職場に雇用される際には、自分が糖尿病であることは既に告知されていることと思いますが、同僚や知人などに個人的に自分が糖尿病であることを、オープンにする必要性は特にありません。

周囲の人に糖尿病であることをオープンにすることにはメリットとデメリットがあります。

メリットとしては、周囲の人に自分が糖尿病であることをオープンにすることで、食前にインスリンを注射したり、血糖測定や低血糖の際に補食がしやすいことがあげられます。

他人の助けを必要とする「重症低血糖」が起こった際には、早めに対処してくれる可能性が高まります。

スポーツをしている1型糖尿病を持つ子どもの中には、チームの他のメンバーに低血糖になった時の対処法を伝えて、危機管理をしている場合もあります。

糖尿病であることを隠そうとすると、インスリン注射ができなかったり、補食がしにくくなります。

逆に、デメリットとしては糖尿病があるから生活習慣が悪いのではないか、他の人と同じように仕事ができないのではないかと不当な扱いを受ける可能性があります。

これは糖尿病という病気に対する誤解から生じたものです。

血糖コントロールが良好で、特に合併症がなければ仕事には何ら支障はありません。

事実、1型糖尿病を持ちながら野球やサッカーなどで活躍しているプロのスポーツ選手はたくさんいます。

自分の病気のことを正しく知ってほしい人には是非、病気のことをオープンにして下さい。

そうすることで、仕事やプライベートがうまくいく場合も多くあります。

また、糖尿病であることをオープンにしなくても、食前にインスリンを注射したり、血糖を測定したりを普通にしてみて下さい。

「あなた、糖尿病なの?」と尋ねられた時に、「そうなの、1型糖尿病で注射が必要なの。」と答えてみて下さい。

さらに、病気のことについて尋ねられたら、正しい知識を教えてあげて下さい。

まとめ

無理にカミングアウトをする必要はありません。

カミングアウトするメリットとデメリットがあるため、相手を選んでオープンにするのが、良いかもしれません。